毎度ありがとやんす!


« 2006年11月12日 | トップページ | 2006年11月14日 »

2006年11月13日 (月)

いじめ問題

おいらさぁ~実を言うと昔・・・いじめっこでした。
もうかなり以前・・・中学生の頃かな~。
何故いじめをしたかって?・・・それはねぇ、

いじめをする奴は3通りに分けられると思うんだよね。
1、 いじめを指揮し率先して行う1軍。
2、 1軍の勢いにあやかって調子に乗り便乗する2軍
3、 1、2軍の行為を見て見ぬふりする3軍

ここで疑問が生じそうなので補足すると、3軍の行為はれっきとしたいじめ行為に該当します。見て見ぬふりはシカトに該当する卑劣な行為なのです。


おいらよく耳にすんだよね、いじめられる側にも責任あるって・・・。

断言させていただきます、いじめられる側には一切の責任はありません!
しかも、いじめた側や関係のない外野連中に限って、そのような言動をほざく傾向が見受けられる。
バカかっ!!本当に大バカ野郎ばっかだっ!
いじめは絶対にしてはいけない行為なのです。
してはいけない行為をした時点で、はい、松本アウト~!(笑)。
完全な負けで御座います。
まだ百歩譲って、いじめられた側が「自分にも非があったかも・・・」って思うならまだしも、
いじめた側は、そんなこと言っちゃ~おしまいよぉ~桜ぁ~なのであります。

おいら反省してるよ本当に・・・。
ずっと自分は何故こんなことしてんだって、いじめてる時分から思ってた。
でも、自分を上手くコントロールすることができなかったよ。
おいらはただ目立ちたくて、皆から恐怖に似た崇拝の念がほしかっただけなのさ。
だから、いじめられた方は、ただそこに都合よく居ただけでおいらの標的になった。
正直、相手なんて誰でも良かったんだよ。
だから今のいじめ問題見ててもそう思うんだよねぇ、誰でもよかったくせにって・・・。
本当に嫌いで腹が立つ相手には人間は近づかなくなります。
でも、いじめはそうではなく、かなり近距離で尚且つ接触を図ろうとするものです。
接触した上で相手を小馬鹿にし自己満足を図るのです。

おいら1軍選手でした。
だから、いじめに対する思いも人一倍強いのかも・・・。
おいら思うんだ、先生方にはいじめ問題、解決できないんじゃないかって。
何故かって?・・・それはいじめをしたり受けたりしたことのない人達だから。
いや、中には問題を解決できる敏腕な凄腕教師もいるかもしれない。
でも、教師になるような人達の多くは、学校の成績も良く、家庭環境も良好で何不自由なく毎日を過ごしてきた方々ばかりなのではないだろうか?
いじめは、その当事者を経験した人間でなければ解決は難しいと思う。
だって、現在の当事者の気持ちが理解できないから。
おいら思うね、解決できるとまで偉そうなことは言えないが、少なくともいじめる側の気持ちをおいらは理解できるって。

こんなこと言ったら何か寂しいが、多分いじめはこの世からなくならないだろう。
だって昔々からいじめは脈々と存在してるんだもん。
昔よく聞いた「村八分」や「被差別部落」、「在日朝鮮」、「アイヌ差別」など、大人でさえ、いじめと同じ行為を未だに繰り返してるんだもん。

世界平和と同じで理想を現実にするのは難しい。
でも皆が真剣に取り組めば、その数を減らせることはできるかも。
理想は理想で掲げていきましょうよっ!
目指す所が無くなっちゃうもん!

いざっ、「いじめ撲滅ーっつ」!!!

続きはまた今度!・・・。


あっ、おいらいつも同僚にいじめられてるのわすれてたーっ!(笑)





« 2006年11月12日 | トップページ | 2006年11月14日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ