毎度ありがとやんす!


« 2006年11月24日 | トップページ | 2006年11月27日 »

2006年11月26日 (日)

ロックとは何ぞや…

おいら実はさぁ~・・・ロック好きでありんす。

でも、「みんなノッテルか~い!・・・YEAH!」的なものはロックじゃございやせん、あしからず・・・お寒い限りでございます(笑)。

ではおいらが思い描くロックとは・・・「反体制」「反逆」「反抗」「反骨」といった精神そのものであり、そして、その精神を音楽にのせて表現する手段がロックミュージックです。
それは「平和な世の中」の陰の部分、皆が隠して触れたがることのない「嘘」の部分を表現するものです。

おいら思うね、今の世界にどれだけロックスピリッツを持ったミュージシャンがいるのかって・・・。
だって、かっこよくないんだもん(笑)。
皆、世間に馴染んでるんだもん。
やはりロックミュージックとは、社会に唾を吐きかけるかのような反抗的(=自分に正直)な精神をもった人達が奏でる魂の叫びでなくてはならんのだよ。

おいらよく耳にすんだ・・・「ロック?・・若い時分にはよく聞いたけど今はちょっと・・」
・・・。
お前ら老け込んでんじゃねーよっ!おっさんかっ!何、護りに入ってんだよっ!かっこ悪っ!
おいらロックが聞けなくなったら、その事実よりもその精神にショックをうけるだろうね。
もう死期が近いね、たぶん(笑)。

大人になって社会に出て、日々の生活に追われ、世間及び自分の人生に何の疑問も持つことなく死んで行くなんてゾッとする。
それが大人になる事っつーんなら、なんなくて結構です。

おいらの尊敬するギタリスト、「高崎 晃」師匠はこんなこと言ってます。
「ROCK MUSICは音楽だけど、ROCKは音楽以外にもこの日常生活に時たま感じる事があるはずだ。特にスーツや制服に身を包んだ人間が起こす行動や言動で、ハッとさせられる事がある。服装や身だしなみは規律や決まりで縛られていても内側には燃えたぎるようなROCKスピリットを感じさせる人がいる。この反対に長髪、染毛、タイトなパンツにジャラジャラアクセサリーつけて、お決まりのMAKEして、ロックミュージシャンやってて型にはまった音楽しか出来ない奴等とどっちがROCKか言うたら、そりゃ前者でしょ・・・。」と。

おいらの周りにもROCKを感じさせる人がいる。
人の言いなりには決してならず、自分の意見をハッキリ持った人間が。
おいらもそんな人間でありたいと思う今日この頃です。

あっ、おいら最近全然ロック聞いてねーやっ(笑)!

« 2006年11月24日 | トップページ | 2006年11月27日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ