毎度ありがとやんす!


« 2006年12月13日 | トップページ | 2006年12月19日 »

2006年12月14日 (木)

バンザイ北海道

おいら今「Drコトー診療所2006」見てた。
コトー、とうとう彩佳のとこ行ったね。
早く結婚しちゃえばいいのにね(笑)。
っていうか来週の予告・・・なまら気になる(笑)。
まぁ、彩佳死んじゃったら「2007」に繋がらないので大丈夫だと思うが・・・気になる(笑)。
っじゃなくて今日おいらが話したいのは・・・「銀の龍の背に乗って」の事なのさっ!

あの曲ってさぁ~正直良くない?
っていうか「中島みゆき」の曲っていいよね。
おいら今でも「悪女」フェイバリットよ(笑・古っ!)。
プロジェクトXや家なき子の曲とかさぁ~・・・何とも言えんよね(笑)。
 
あと、おいら「松山さん」ちょー大好き(笑)。
あの人のデビュー曲って知ってる?・・・「旅立ち」・・・ヤバイよ、正直泣くよ(笑)。

何かねぇ~おいらが好きな曲書いて歌ってる人って北海道の人多いんだよねぇ~。
何故か、北海道出身の人たちの曲って悲しくていいんだよね。
決して楽観的じゃなくて「悲観的な悲しみを感じつつ、前向きに生きていこう」っていう、
「侘び寂び」のような感じが、おいらの心の琴線を刺激するんだなぁ~(笑)。
正直、演歌にも通じる心を感じるね。
でも、おいら年とったからってそう言ってんじゃないよ。
だって小学生の頃から彼らのこと好きだったもん(笑)。
何か「ドリカム」含め、彼らの曲を聞いたらその情景が頭に浮かぶんだよね~。
 
「雪がちらつく、そろそろ暗くなりそうな午後4時30分頃」(笑)。
それって凄く悲しい時間じゃない?学生時分の自分と彼女が一緒に下校してて、途中で帰り道が別れるじゃん・・・「今まで手をつないで帰ってたのに、その手を離さなければならない」っていう、キュンとする悲しさ・・・「離した自分の手には彼女の清楚な香りが残ってる」っていう悲しさ(笑)・・・。おいらヤバイ?(笑)。

本当、道産子いい曲書くよね。
やはり厳しい土地に住む人たちは、他の地域に住む人たちに比べ多くの悲しみを感じながら生きてるからなのかな~。
う~ん、かなり興味深いね(笑)。

でも、最近の「GLAY」はいい曲ねぇ~な~!・・・(涙)。

« 2006年12月13日 | トップページ | 2006年12月19日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ