毎度ありがとやんす!


« 2007年2月19日 | トップページ | 2007年2月24日 »

2007年2月22日 (木)

赤ちゃんポスト

う~ん、・・・「赤ちゃんポスト」ねぇ~・・・どうなんでしょう(笑)・・・。

以下は今朝の「道新」からの抜粋・・・。
親が育てられない新生児を引き受ける「赤ちゃんポスト」を設置するため、熊本市の慈恵病院が施設変更申請をしていた問題で、同市は21日、申請を許可する方針を固めた。
市長は「ポスト設置によって救える命がある。必要性は認識している」と表明。22日に厚生労働省を訪れ最終調整する・・・。
「赤ちゃんポスト」は欧米各国に設けられていて、ドイツを視察した慈恵病院の理事長が
「救える命を救いたい」と昨年11月に設置構想を発表。しかし、保護責任者遺棄罪に当たらないかといった指摘もあり、厚労省などと協議を続けてきた・・・。

気になる「赤ちゃんポスト」の仕組みとは?・・・。
外壁に縦45cm、横65cmの扉を付け、親が赤ちゃんを預ける仕組みで、赤ちゃんが置かれると、自動的に新生児室で警報が鳴り看護師らが駆けつける。考え直した親が後で病院に連絡したり、養子縁組の手続きをしたりするための説明を書いた手紙も入れておくことにしている・・・。

おいらさぁ~、ちょっと引っ掛かるんだよねぇ~・・・「親が赤ちゃんを預ける仕組み」って部分が・・・。それだったら「託児所」でいいじゃん(笑)。嘘つけやっ、「親が赤ちゃんを捨てる仕組み」って正直に言えっつーの!やはり、おいらには育児放棄を助長するシステムとしか思えん。「考え直した親が後で病院に連絡したり」って、そいつの身元が分かった時点で逮捕でしょ(笑)。だってどう考えたって保護責任者遺棄罪でしょ、普通(笑)。「養子縁組の手続きの説明」って一体何よっ。一々そんな説明書受け取るのために、ポストに赤ちゃん入れるんか?もう意味が分かりません。っていうか赤ちゃんは決して手紙なんかじゃねぇーぞっ、「欧米かっ!」ってなぁ、本当に・・・(怒)。
病院側では「赤ちゃんの命を救い、母親が犯罪者となることも防げる」って話してんだって。
ふ~ん・・・世の中にはシングルマザーで頑張ってる母親いっぱいいるよ。
何故、頑張らせんのだ?。親には歯を食い縛っても頑張らなきゃならない責任があるのではないのか?・・・赤ちゃんを守るという責任が。難病を患ってんなら、生活保護等の最低限度の生活を保障するシステム等もあるのではないか?って言うより、そんな訳の分らん「ポスト」にガキをぶち込むような親は、大して苦労もしてない自分勝手な母親で、だいたい自分よりひと回りも若い内縁の夫(笑)がいるような奴なんだよ。内縁の夫て何よ!くされ外道がっ!(怒)。女を捨てて、母親として生きれやがれっ!バカヤロー!!!

ハァ~、本当、腹の立つ事が多いよ。いい加減にしてくれやマジでさぁ~(涙)・・・。

« 2007年2月19日 | トップページ | 2007年2月24日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ