毎度ありがとやんす!


« 2007年10月23日 | トップページ | 2007年11月11日 »

2007年11月 8日 (木)

愛しの猿払Ⅰ

いやいや、ご無沙汰してました。
何故、ご無沙汰してたかって?それはねぇ・・・・。
 
例年11月の声を聞くと、おいらの魂は疼き出す。
それは、最果ての原始の川に潜んでいる、「ヤツ」が活発に動き出すから。
環境省レッドリストに「近い将来における絶滅の危険性が高い種」として登録されている、サケ目サケ科・絶滅危惧種IB類(EN)、日本最大の淡水魚・・・「イトウ」。
おいらはヤツに首ったけなのさ・・・。
 
イトウの聖地「猿払川」。
千歳から片道350kmの最果ての地。
たかが「釣り」と思うなかれ。
ヤツを釣るには「根性」が必要だ。
夕方から明け方まで立ちっ放しで釣りをし、昼にテントで仮眠をとり、また夕方から明け方まで零下の気温の中、暗闇に向かって黙々とルアーを投げ続ける精神力及び体力の消耗は並大抵のものではない。しかも、ヤツは・・・・「釣れない」のだ(笑)。
おいらが始めてヤツを釣り上げた時、この釣りを始めて彼此3年が経過していた。
何も知らない素人には、ヤツは決して振り向かない。バカにされて帰ってくるのがオチである。10年以上の歳月を、弱肉強食の中で生き抜いてきたヤツらは、ヘタな疑似餌など直ぐに見抜いてしまう。その頭の良さ、狡猾さこそ、川の王者「イトウ」である証なのだ。
 
そんなヤツを釣るために、おいらは半月前から綿密な計画を立ててたのさ。
だって、仕事は休まんといかんし、タイヤもそれに合わせて交換せにゃならんし、食料やテント、ガスやら、釣具やら・・・・準備が大変なのさ。
今回は単独釣行ではなく、盟友マンブ御大も休暇を取得し突撃決定。
予定としては本日8日21時に出発し、帰千は11日のつもりだが、果たしてヤツはおいらに振り向くのか・・・・目指せ150cm!(笑)。
 
結果を乞うご期待!

 

« 2007年10月23日 | トップページ | 2007年11月11日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ