毎度ありがとやんす!


« 2007年11月8日 | トップページ | 2007年11月14日 »

2007年11月11日 (日)

愛しの猿払Ⅱ

ただいまぁ~(笑)。
無事戻って参りました。
いや~、北は過酷だわ(笑)。
2日目の夜はマジで寒くて、夜中100回ぐらい目が覚めたよ(笑)。
朝起きたら、テントの内側に霜降りてたもん(笑)。
なかなか、人間て死なんもんだね(笑)。
 
8日の20時30分に千歳を出発し、現地到着が9日の2時。
河口での釣りを予定していたので、満潮3時24分を考えると、丁度良い時間。
途中、浜頓別を過ぎた辺りから吹雪模様を呈したが、おいらの不安をよそに猿払の天候は晴れでした。
早速、身支度を整え、いざ実釣開始!
先日、M上君がイトウを2本ゲットしたパイロットルアー(ラパラCDJ11パールホワイト)をウェポンに川底を探るも、掛かるのはゴミばかり。そうです、この日は丁度「大潮」で、河口も海の干満の差をもろに受け、底の流れが異常に早かったのさ。
正直、「これじゃあ唯のゴミさらいだよなぁ~」なんて思いつつ、ゴミの掛かりにくいフローティングプラグに交換しようかと思案しながらリールを巻いてたところ、来ましたよ・・・ひったくるような強烈なアタリが。だが、ん~・・・痛恨のバラシ(笑)。5秒ほどガックリした後、切り替えたね(笑)。だって、間違いなく「いる」って事実が分ったんだから、落ち込んでる暇なんてないのだよ(笑)。ラパラの交換を思い止まり、おいらはハンターと化したね(笑)。でも・・・それから3回連続のバラシ(笑)。正直、凹んだね(笑)。「ツイてねぇ~」って感じ。だって、釣りには「ツキ」も重要な要素なのだよ。「ヤバい、この先が思いやられる」とネガティブな精神状態のまま、気付いたら朝焼けが(笑)。マンブに至っては、ライントラブル等に悩まされ、アタリも無かったとの事。残り時間(日中は殆ど釣れない)を考慮し、以前2人共ヒットした経験のある「猿払橋」のたもとへと移動することに。そこでおいら、ルアーチェンジを決行、DDパニッシュ80ヤマメカラーをチョイス。流れが淀んだイトウが着きそうな場所を確認し、いざ突撃!・・・「来たぁーっ!!」、強烈なイトウの鼓動がラインからロッドを通しておいらの両腕に伝わったよ。「マンブっ、来た来たぁーっ!」叫べど、彼はおいらから離れた場所で黙々とルアーを投げており、全く気付いてない様子(笑)。イトウって魚はビッグサイズなので引きが異常に強く、通常、釣った本人以外の人間にネットで掬ってもらうんだわ。でも、ロッドを支えるおいらの上腕二頭筋が吼えたね(笑)。右手にロッド、左手で巨大ネットを持ち「おおおおりゃー」の掛け声よろしく何とか掬いあげたよ(笑)。
ようやく、事態に気付いたマンブが走ってきて「やったねっ!」、二人でガッチリ握手でございます。「はぁ~、良かったぁ~」・・・正直、釣れてホッと一安心(笑)。マンブに至っては、自身前回に釣り上げているにも拘らず「おおぉ~、イトウだぁ~!と喜びの様子。そうなんだよ、イトウって魚はいつ見ても人間を興奮させ、感動させる何かを持ってるのさ。
二人とも興奮冷めやらぬまま、満足気に1日目を終了したのでした。
 
しかし・・・これは序章であった・・・最果ての地に、マンブが奇跡を起こす!
・・・・・・・Coming soon(笑)。
 
1
ん~、メーターには程遠い68cmでした(笑)。
でも、嬉しかったぁ~(笑)。
  
2
帽子が脱げそうですが、至福のひと時です(笑)。
  
3
さるふる温泉。大人350円だよ。
 
4
芯から冷えた体をほぐしてもらいました。
  
5
こんな感じでございます。

« 2007年11月8日 | トップページ | 2007年11月14日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フェイスブック

おまんら好いちょるばい!

無料ブログはココログ